思春期の子供がいる家庭こそラブホテルを利用しよう

思春期の子供は性に関して敏感な年頃です。万が一両親のセックスを見たら、親に対して不信感を持ちかねません。うっかり目撃されかねないので自宅での営みは危険でしょう。そのようなときに役立つのがラブホテルです。

思春期の子供は性に関して敏感です

小学生高学年頃から自然と性に興味が出てくるのが普通です。ところが子供たちは自分のこころとからだの変化についていくのがやっとです。「こんなエッチなこと考えちゃっていいのかなあ」「胸が出てきたり皮が剥けたり」…と複雑なキモチでいるのです。

そのようなときお父さんとお母さんのセックスを見たら…ますます複雑なキモチになってしまうでしょう。母の喘ぎ声や男になっている父の姿は、思春期の子にとっては大きなショックとして残ってしまいます。

もちろん子供たちは両親にはなかよしであってほしいと願っていますが、性生活は話が別です。心底見たくないと思っているでしょう。ですので子供に対する気配りを忘れないように、もしセックスするのなら夫婦でラブホテルを利用するのが一番いいのです。

子供の都合に合わせてラブホテルを利用しよう

子供の目につかないようにセックスを楽しむならラブホテルが一番です。万が一現場を目撃されたときに傷つけてしまうのを防ぐためです。そして夫婦で存分に楽しむためにもわが子の目がないほうが安心でしょう。

中学生や高校生の子供なら、部活や友だちとの用事で昼間は外出する機会が増えます。そのような時間を見計らってラブホテルへ行きましょう。昼間のフリータイムなら安く利用できるので家庭を持っている方にとってはうれしいですよね。

「夫婦のセックスは自宅で夜に」…という思い込みはやめてラブホテルを利用しよう

自宅で性生活をやるとどうしてもボロが出てしまいがちです。うっかりゴミ箱にある使用済みコンドームを見られてしまったり、現場を目撃されたりしてしまうことがあるかもしれません。

ところが中には夫婦のセックスはお金をかけずに「自宅で夜にやるもの」と思い込んでいる人もいます。でもこれが一番ダメなパターンなのです。

中学生や高校生にもなれば親と同じくらいまで起きている子も大勢います。寝静まったあとに性生活をやるのでは体力が持ちません。また現場を目撃されたり感知されるおそれがあるので、夫婦のセックスは自宅で夜にやるものという思い込みは避けるべきです。

寝室のゴミ箱にコンドームを捨てるのもいけません。「セックスしています」と言っているようなものです。また鼻のいい子は汚物をニオイだけでも感知してしまいます。特に女の子は嗅覚が優れているので注意すべきですね。自宅でのセックスは少なからず痕跡を作ってしまうので避けるべきでしょう。

親が思っている以上に思春期の子供は敏感なのです。両親のセックスはキモチ悪い、見たくないという子も大勢います。かわいいわが子に不快な思いをさせないように昼間にラブホテルを利用して夫婦生活を送りましょう。

Copyright© 夫婦のための今どきラブホテル All Rights Reserved.