諸外国から羨ましがられる日本のラブホテル文化

和製英語が海外でも使えるようになるケースはほとんどありません。しかし、「ラブホテル」はいまや日本発の「英語」として通用するようになっています。ラブホは日本人にとっては当たり前のもの、どこにでもあるものですが、外国人にとっては極めて珍しいものなのです。ヨーロッパの映画などをみていると「モーテル」というものが登場しますが、外国のモーテルは日本のものと違ってラブホテルではありません。

シティホテルと同じく、普通の宿泊施設です。それをカップルがセックスに利用しているだけ。それゆえ、特別な設備はありませんし、必ずしも壁は厚くはありませんので、十分に性行為を楽しめるとは言えないのです。外国人たちからは、日本のラブホテルを羨ましがる声が上がっています。

海外メディアが繰りかえし取り上げるラブホテルは、日本の文化

日本人が、ラブホを利用してセックスを楽しんでいることは海外のメディアではしばしば取り上げられます。性交回数では世界最低といわれるわが国ですが、性交する場所についてはダントツの世界一。カップルがお忍びで入るべき場所なのに、ギラギラと明るい電飾でハデに飾られてまるで遊園地のよう、楽しそう、と外国人は奇妙にも感じつつも羨ましがっています。韓国には日本のものを真似した場所がありますが、それ以外の国にはありません。

広い家に暮らしているとはいえ、欧米の夫婦にとっても性行為中の声は「教育上」のこともあり、ひとつの大きな課題です。「たまには思いっきりセックスしたい」と思ってもそうした部屋は家にはありません。せいぜい汚いモーテルがある程度です。そうした不満を抱えている欧米人から見ると、日本のラブホテルほど素晴らしい場所はないのです。

ラブホの充実した設備も外国人にとっては魅力

外国人にとっては、日本のラブホテルの充実した設備は驚くべきものとしてとらえられています。単にセックスをするだけではなく、さまざまな遊びのできる場所であることが、とても魅力的なのです。日本人ほど、性行為を明るく楽しんでいる国民はいないのではないかとさえ言われています。

アダルトグッズやマッサージチェア、ジャグジー風呂や、ゲーム・アミューズメント、カラオケなどなど、ヨーロッパの一流ホテルですら、これほどの設備が整っている場所はなかなかありません。そんな場所が数千円から楽しめるなどとはとても信じられないことなのです。最近日本を訪れる外国人の中には、ラブホを利用する人が増えています。

EDならバイアグラを使いましょう

日本の夫婦も、外国人に負けてはいられません。世界に誇れる文化をぜひ夫婦で楽しんでみましょう。EDのせいで夫婦生活に支障が出ているという人は、バイアグラを使えば多くの場合改善することができます。EDの専門クリニックを受診すればとても簡単な問診だけで、処方してもらえます。迷っていては時間がもったいないです。すぐに治療を受けて、早速夫婦でラブホを尋ねて試してみましょう。

ラブホテルは日本が海外に誇れる文化のひとつになっています。ぜひ、夫婦で利用して世界中から羨ましがられる空間を堪能してみてください。

Copyright© 夫婦のための今どきラブホテル All Rights Reserved.