駆け引きもまたラブホテルの醍醐味?女性をラブホに誘うベストな方法

ラブホテルの楽しさは、何も室内にいるときのみに享受できるものではありません。たとえば気になっている子をラブホテルに連れ込む、この男女の駆け引きも、ひとつの楽しみと言えるのではないでしょうか。この記事では、私のこれまでの経験から、女性をうまいことラブホテルに連れ込む方法を考えてみたいと思います。

ちょっと休んでいこう、は古い?

女性をラブホテルに誘うときの決まり文句といえば、「ちょっと休んでいこう」「休憩していこう」ですよね。そこに「本当に何もしないから」なんて台詞が加わることもあります。いずれの誘い方も、いわば使い古されているものですから、女性をラブホテルに誘うのにはあまり効果的でないように思われるかもしれません。しかし彼女との関係性や、その場の雰囲気を見たときに、休憩していこうと言ったほうが良い場合もあるのです。

たとえば、デートの相手の女性と、すごく仲が良い場合。これは上記の誘い方が良い方向に働く可能性があります。お酒を飲んで、会話も盛り上がって、その帰りにラブホテルを発見した。そこで「よし、ちょっと休んでいこうか」と言ってみましょう。女性はもちろんそれがどういうことかわかっています。あえて「休んでいこう」と、使い古された表現で、下心を隠すようなことを言うことで、それ自体が冗談っぽい、軽い感じの誘いとなるわけですね。今の時代にそんな誘い方をするとは、というのが笑いに繋がるわけです。

ラブホテルに女性を連れ込むコツは、私の経験からいえば、あまり必死にならないこと、必死になっていると思われるような言動を慎むことです。「休んでいこうか」「休憩していこうか」というのは、彼女を軽い感じで誘えるという意味で、意外と役に立つわけですね。

ただし、知り合って間もない女性にこれを言うのはダメです。まだお互いのことをよく知らないうちは、慎重に、相手の気持ちを推し量り、行けそうだと思ったところで思い切って誘うのがベストです。その方法を次項でご紹介いたしましょう。

休日、お酒を飲んだ帰りに……

その女性とセックスがしたいと思うなら、まずデートの約束を取り付けてください。いちばん良いのは、翌日仕事が休みの日に、お酒を飲みに行くことです。次の日が休みであれば、多少帰りが遅くなっても構わないという考えが彼女のなかに芽生えます。そしてアルコールが入れば気分は開放的になりますから、ホテルに入るのを承諾してくれる可能性が高くなります。休日、お酒、これは気になる女性とセックスをするのに絶対必要な条件だといえるでしょう。

さて、お酒を飲んでほろ酔い気分で店を出ます。そうすると時間は19時とか、20時くらい。彼女との会話が十分盛り上がった、相手もきっと楽しんでくれた、と手ごたえを感じているのなら、店を出てからまずは彼女に「このあとどうする?」と訊いてみましょう。彼女が「どうしよっか」などと返してきたら、「時間大丈夫?」と訊きましょう。大丈夫と答えが返ってくれば、ほぼ貰ったようなものですね。じゃあどこに行こうか、なんて話をしながら、彼女と町をぶらついてください。できれば事前にラブホテルの位置を調べておいて、そこへ誘導したいところです。

たぶんこの時点で、彼女のほうにもそういうことをするつもりがあれば、誘ってほしそうな雰囲気をなんとなく感じ取れると思います。彼女とどこへ行くか相談し合い、彼女が「どこでもいいよ」などと答えたなら、「じゃあホテルで」と言ってみましょう。ドキドキの瞬間ですが、これも駆け引きの楽しさ。あまり深刻にならずに、思い付きで言ったという感じにしてくださいね。彼女のほうもあなたに好意を抱いていれば、誘いを受け入れてくれるはずです。是非試してみてください。

Copyright© 夫婦のための今どきラブホテル All Rights Reserved.