アメニティグッズにはどんなものがありますか?

「ラブホって、シャンプーはあるの?」「いつも使っているのと同じボディソープを使いたいのだけれど」などと考える人もいるでしょう。ホテルの備品やアメニティはどうなっているのでしょうか?

「家族に気づかれてしまうので、普段と違う匂いを家に持ち帰りたくない」と気にする人もいるでしょう。「カミソリはあるのかしら?」「化粧水などは?」「歯ブラシは?」考えだすといろんな疑問がわいてくることも。最低限のものはどのホテルにもありますが、気になるようなら家から持参すると良いでしょう。

アメニティグッズは無料です。そのためランクの上のホテルほど、内容が充実しています。4千円以下のホテルには、最低限のものしかないと考えてください。アメニティの細かいことが気になる人は、値段の安いホテルは使わないことです。目安として、「休憩」で7千円以上のホテルならまずまずのものが揃っています。1万円以上ならかなり充実しています。

夫婦で使うのであれば、7千円程度以上の部屋を利用することをお勧めします。アメニティだけでなくトータル的な設備が充実しています。

一般的に用意されているもの

シャンプー、リンス、ボディソープ、歯ブラシはどこのホテルにも必ずあります。普段使っているものと同じかどうかは、わかりません。気になるなら自宅から持参するとよいでしょう。

ホテルによってはいくつかのブランドを揃えていて、フロントに頼めば「貸出」してくれるところもあります。フロント周辺に貸出用グッズが置いてあり、必要なものを部屋に持っていけるシステムのところもあります。HPで確認すれば分かりますので、調べておくと良いでしょう。

バスタオルは最低でも2枚はあります。浴衣、バスローブの類も2組はあります。長時間滞在する場合にはタオルは2枚では不足することもあります。自宅から持参するのも良いでしょう。部屋に「ドライサウナ」があれば、乾燥機がわりに使えるのでタオルの心配はいりません。1万円以上の部屋なら、4枚~5枚は用意されているはずです。

あることが多いもの

綿棒や耳かき、シャワーキャップ、化粧水類、男性用・女性用ヘアムース・オイル類、ひげそり用カミソリ、コーヒー、紅茶、日本茶などや、湯沸かしポットもあります。無料のドリンク類が用意されていることもあります。風邪薬や胃腸薬なども頼めば出してくれることが多いです。ただし、バイアグラのようなED薬はありませんので、必要なら事前に専門医に処方してもらいましょう。

使わなかったアメニティグッズを持ち帰るのは自由です。「もったいない」と思うのなら是非恥ずかしがらずにバッグに入れてしまいましょう。ごく普通のことです。

さまざまなものが用意されていますので、事前に調べておくと良いでしょう。またホテルの部屋に入ると、貸出グッズのパンフレットなどがおいてあることもあります。遠慮なく注文してください。

Copyright© 夫婦のための今どきラブホテル All Rights Reserved.